孤独な果実が落下する

ちょうど 眠ったばかりの

私の右腕のように